文字サイズ

日本語English中文

株主?投資家の皆様へ

新著情報

新著情報一覧を見る

代表メッセージ

當社グループは、
経営理念および経営方針の下、中期的な経営基本戦略、CSR活動及びコーポレート?ガバナンスの強化に取組み、當社の企業価値及び株主共同の利益確保?向上に努めてまいります。

石原ケミカル株式會社 代表取締役社長
酒井 保幸

代表メッセージ

當社グループは、創業以來、界面化學の技術をコアとして「表面の機能を創造する」という基本的なコンセプトをベースに工業薬品の卸しよりスタートし、メーカーへの志向を強め、現在の電子関連分野、自動車用品分野、工業薬品分野の三つの分野で金屬表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化學製品等、工業薬品の4つの事業をメーカーとして、商社として、展開してまいりました。

従來より、その時代、時代において主力となる事業の他、それを補完する事業、そして將來を見據えた新しい技術、新しい製品の育成に努めてまいりました。その結果、今日の、めっき液、化成処理液自動管理裝置及び試薬、機能材料加工品といった事業が育ち、事業基盤を支えるまでになりました。

このような事業の変遷の中で、 電子関連製品のユーザーの海外進出が進み、ユーザーサポートを促進するため平成17年4月に中國上海に駐在員事務所を開設いたしました。その後、グローバル化が進み、當社事業の海外展開の拡大に対応し、平成24年6月、タイのバンコクに駐在員事務所を開設し、平成27年8月に中國上海に販売子會社を設立して海外拠點の拡充をはかりました。

一方、金屬ナノ粒子等新規電子材料を第5の事業の柱として立ち上げるため開発設備の拡充及び量産化のための新工場建設、機械等設備投資を進め事業化を促進しております。また、半導體等の電子部品市場に対応した、よりクリーンな生産環境を実現すること、および、當社の自動車用化學製品等の安定供給體制を維持することを目的とした、當社滋賀工場第1製造所を新設しております。

中期経営計畫

1.中長期の経営方針(會社が目指すビジョン)

「成長路線の創造」

當社グループは、自己開発、商品開発、市場開発の「三つの開発」を経営理念とし、ニッチ市場といわれる事業分野で高い市場占有率を維持し、基幹となる3つの分野で4つの事業を展開することを基本とし、世界に通用する製品、技術、サービスを創造?駆使し、グローバル化に対応できる企業をめざし、更なる成長をはかります。

2.重點課題

  1. 電子部品業界等において、ウエハ用銅、ニッケルめっき液等の付加価値の高い製品を市場投入し、市場を拡大していくことにより、高付加価値製品の売上及び売上総利益の増加をはかります。
  2. カーディーラーにおいて、エアコンクリーナーの更なる拡販に加え、新製品を導入?拡販することにより、市場拡大をはかります。
  3. 鉄鋼、化學、石化、環境関連市場において、新規商材を導入し、市場拡大をはかります。
  4. 國內および中國、臺灣をはじめとする海外市場において、化成処理液自動管理裝置の拡販をはかるとともに、アフターサービス體制の充実をはかります。
  5. 第5の事業の柱として、導電性銅ナノインク等金屬ナノ粒子の新規電子材料の事業化を加速し、先端電子材料市場への參入、市場拡大をはかります。
  6. 中國現地法人の早期黒字化を促進するとともに、その他海外拠點の拡大をはかり、グローバル化による事業の海外展開に対応いたします。

利益配分(配當)に関する考え方について

當社は、業績に裏付けられた安定的で継続的な配當を行うことを基本としつつ、業績に応じた増配を検討するなど弾力的な還元策をはかっていく方針であります。また、配當に加えて自己株式取得も機動的に組み合わせて行うことにより実質的な株主還元の一層の強化をはかっていきたいと考えます。なお、健全な経営基盤を維持するため內部留保の充実をはかるとともに、內部留保資金の活用については、研究開発や新事業、新技術開発など將來の企業価値を高めるための投資に優先して充當してまいります。

中文字幕乱近親相姦